スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

身体を楽にする

ビジュアル版 ねこ背は治る! ──姿勢が変わると人生も変わる!ビジュアル版 ねこ背は治る! ──姿勢が変わると人生も変わる!
(2012/06/29)
小池 義孝

商品詳細を見る

薄い本ですが、これに書いてあることを実際にやってみると、軽い猫背ならすぐ治ってしまう。
トレーニングとかではなく、体重をかける位置・重心の知識が書かれてあります。
きつい猫背で何年も過ごしてる人は、背中や腰の筋肉が相当硬くなっているはずなので、この本だけでは完全に治らないと思いますが、それでもこの知識があるのとないのとでは、姿勢の楽さがぜんぜん違ってきます。


「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!
(2012/07/03)
藤本 靖

商品詳細を見る

ロルフィングというアメリカで創始されたボディーワークを基にして、簡単にできる「身体を楽にする方法」が書かれてある。
自分は腰痛を治すためにいろいろと調べていく中で、精神状態と筋肉の硬直について気づいた事がたくさんあるので、この本に載ってる内容も納得がいく。

一番役に立ったと思ったのがトンボの目の使い方。簡単に説明すると、カメラの広角で見た状態「視野を広くする」目の使い方。
日常生活ではほとんど誰でも、この逆のカメラの望遠で見た状態「視野が狭くなる代わりに、細かく見てる」目の使い方に、なってしまってると思います。

大きな駅などで人が大勢、左右から歩いてきて、そこを横断していくような時に、トンボの目を使うと人の流れが読みやすくなって、隙間を縫ってスーッと歩いていけるようになります。
このちょっとした視野の切り替えを、この本を読むまで意識したことがなかったんですが、意識的に切り替えるようにすると、人ごみの中とかすごく歩きやすくなりました。
スポンサーサイト
[ 2013/05/01 19:39 ] 探求心 | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。